宅建合格ガイド

LEC(レック、東京リーガルマインド)

Sponsored Link

LEC(レック、東京リーガルマインド)

LEC宅建通信講座


管理人はLECで宅建講座を受講して合格することができました。
上の写真は、受講した際の受講証です。
オススメのコースや料金を表にして紹介していますので、是非見てください。

初学者向けコース オススメ度 受講料 全講義回数
プレミアム合格フルコース 「通学・フォローなし」 150000円
「通学・フォロー(Web)」 155000円
「通学・フォロー(DVD)」 165000円
「通信(Web動画・音声DL)」127000円
「通信(DVD)」 137000円
全74回
パーフェクト合格フルコース 「通学・フォローなし」 115000円
「通学・フォロー(Web)」 118000円
「通学・フォロー(DVD)」 128000円
「通信(Web動画・音声DL)」102000円
「通信(DVD)」 112000円
全54回

通学講座のフォローで迷われている方へ

フォローを付けるか付けないかで、迷われている方が多いと思うので、特徴を紹介しようと思います。

通学の場合

通学でフォローなしを選んでしまうと、スクール以外で講義を受けれないので、自宅で復習をするのがやりにくいかと思います。自宅でも講義を見て復習をしたい方はフォロー有りを選択した方がいいです。
フォローはWebとDVDで分かれますが、これはネット配信かDVDで講義動画を見るかの違いになります。
Webの場合は、再生速度を変更できるので時短学習が可能です。
DVDの場合は、教材(DVD)が手元に残るというメリットがあります。

重要なポイント

実質的に見て、通学コースでWebかDVDのフォロー有りを選ぶと、通学講座と通信講座のダブルのような学習環境を整えることができます。フォロー有りを選ぶと多少料金は追加されますが、それ程高い追加料金ではありませんし、実は結構お得だったりします。
管理人は、通学コースを選ぶ場合には必ずWeb又はDVDのフォローを付けることをオススメします。

備考・補足

LECの直営校と提携校について

通学の場合で直営校か提携校のどちらかを利用することになりますが、受講料に差はありません。

早期割引価格

申込みをする時期が早い場合に、受講料が割引される場合があります(最大25%)。
詳しくは、LEC東京リーガルマインドの公式サイトでご確認下さい。

模擬試験の結果の返却方法

上の表で紹介している2つのコースは両方共に、模擬試験が講座に含まれています。
模擬試験の結果を自宅郵送にすると、500〜1000円程度掛かります(Webで結果を見る場合には掛かりません)。

 

LEC(東京リーガルマインド)は、法律系に強い資格スクールで全国に教室を持っています。
【北海道・東北】
札幌本校、北見駅前校(提携校)、仙台本校、八戸中央校(提携校)、郡山並本校(提携校)
【関東】
水道橋本校、池袋本校、新宿エルタワー本校、新宿西口本校、新宿三丁目駅前校(提携校)、早稲田本校、渋谷駅前本校、東京駅八重洲口校(提携校)、立川本校、中野本校、町田本校、
新橋本校、横浜本校(本館)、横浜本校(新館)、日吉本校、川崎本校、藤沢本校、千葉本校、柏本校、大宮本校、川口本校、熊谷筑波校(提携校)、南越谷本校、水戸本校、宇都宮本校、高崎本校
【中部】
静岡本校、名古屋駅前本校、浜松駅西校(提携校)、三島駅前(提携校)、新潟本校、富山本校、甲府本校、長野本校、金沢駅西校(提携校)、福井南校(提携校)
【関西・中国・四国】
梅田駅前本校、関大前本校、天王寺北本校、難波駅前本校、堺東本校、京都駅前本校、奈良大宮本校、神戸本校、姫路本校、大津駅前本校、滋賀草津駅前校(提携校)、和歌山駅前校(提携校)、岡山本校、広島本校、山口本校、松江殿町校(提携校)、松江北陵校(提携校)、宇部琴芝校(提携校)、山口大学前校(提携校)、岩国駅前校(提携校)、高松本校、松山本校、新居浜駅前校(提携校)
【九州・沖縄】
福岡本校、北九州小倉砂津校(提携校)、長崎本校、佐世保駅前校(提携校)、熊本本校、大分本校、宮崎本校、鹿児島本校、那覇本校、沖縄プラザハウス校(提携校)
以上です。
大半の教室が駅から徒歩圏内にあるので、仕事帰りや学校帰りに受講をすることができると思います。

 

通学講座は、オプションでWebやDVDでフォローができるようになっています。
生講義で分からなかった部分のやり直し学習や復習に役に立つと思います。

 

通信講座は、WebかDVDを選ぶ形になります。
更にオプションでスマートフォンでも講義動画を視聴できるようになりました(DVD通信講座の方は利用できません。通学、Web通信の方が対象です)。
スマートフォンで講義動画を視聴できると、出先でも講義を視聴できるので学習環境が自宅だけでなくなるので非常に便利です。

 

ここまでは、実際に受講してない人でも分かる情報をお伝えしましたが、
ここからは管理人が実際にLECの宅建講座を受けてみて分かったLECが他の資格スクールに勝っている点のお伝えします。

  • LECは受講費用が安い

LECの魅力ですが、受講費用は魅力的だと思います。
他の資格スクールと同じくらいのボリュームの講座と比較した場合は、
大概LECの受講費用の方が安いです。
受講費用が安いといっても、決して講座の品質は低くはないです。
比較的安い受講費用で高い講義が受けられるというのは、大きな魅力の一つです。

  • LECの優秀な講師陣

もう一つの魅力は、LECの講師陣だと思います。
資格スクールで勉強をする場合は、講師は非常に重要です。
テキストや問題集が優秀でも講師が良くなければ、勉強効率も非常に悪いのです。
その点LECの更新は実力、良い意味で個性のある講師が多いと思います。宅建講座を受けて数年経過してますが、LECの講師の方の顔と名前や雰囲気は今でも覚えています。

 

1人LECを代表する講師を紹介しようと思います。
水野健さんという宅建で有名な講師がいます。
恐らく数ある宅建スクールの講師の中でも1番有名な講師ではないかと思います。
管理人が通信講座を受講した際には、宅建業法を担当していました(担当が毎年変わると思うので、今年の講座でどの分野の担当になるのか?もしくは、通信講座自体を担当するかどうかも分かりませんが)。

 

水野講師は若干独特の言い回しをする講師なのですが、その独特の言い回しが記憶に定着しやすく良いです。
他の講師の方は蛍光ペン等使うのですが、水野講師の場合は黒のボールペン一本です。
非常に個性派の講師だと思います。
水野講師は関東の教室を担当されていますが、地方にいても通信であれば宅建講座で有名な水野講師の講義を受けれるというのも、大きなメリットではないでしょうか。

 

水野講師の動画を見つけたので、興味のある方はご覧下さい。
2012年の年明けのものですが、30分程度水野講師が話をしている動画です。
講義動画ではないのですが、実際講義もこんな調子で進んでいくので、試しに視聴してもらうと感じが掴めて良いのではと思います。

 

水野講師目当てでLECを選ぶのもありかもしれません(笑)

LEC宅建通信講座
Sponsored Link

ホーム RSS購読 サイトマップ