宅建合格ガイド

宅建の勉強方法について

Sponsored Link

宅建の勉強方法について記事一覧

宅建の学習をスタートしたら、意識しておきたいこと

宅建の学習をスタートしたら、意識しておきたいこと学習をスタートした時点で意識したいことに触れようと思います。当たり前の話なのですが、学習時間を確保しなければ合格はできません。合格するためには合格するだけの学習時間を確保しなければなりません。合格まで必要な学習時間を300時間ということに設定しようとお...

≫続きを読む

 

テキスト、問題集は最新版を使う

テキスト、問題集は最新版を使うヤフオクや古本屋で安く宅建のテキストや問題集が売られても、絶対に買わないで下さい。例え、105円で売られていても(最新版なら別ですが)買う価値はないです。管理人は古い年数の問題集やテキストで学習することはオススメしません。やはり情報が古くなるのは厳しいです。法改正点が問...

≫続きを読む

 

宅建勉強のメインの教材は過去問題集

宅建勉強のメインの教材は過去問題集宅建学習のメインになる教材は過去問題集です。実際にスクールの講師が過去問題が解ければ合格できると言っていました。講師によって、この話の答えが異なることはほとんどないと思います。大半の講師が、過去問題が重要だと言うはずです。過去問題集を解くことを中心にして、本当に合格...

≫続きを読む

 

過去問題集を使った勉強方法

過去問題集を使った勉強方法当サイトの他の記事で宅建学習のメイン教材は過去問題集であると紹介していますが、この記事では、どの程度過去問題集が出来れば合格なの?について触れていこうと思います。まず、問題なのですが一問一答形式と認識してほしいと思います。宅建試験は四肢択一式です。一つの問題について4つの選...

≫続きを読む

 

宅建の勉強で完璧主義は合格が遠退く

宅建の勉強で完璧主義は合格が遠退く宅建の勉強をしていく上で、完璧主義ではなかなか厳しいという理由について説明をしようと思います。ここを勘違いする方は、かなり多いように思うので、この記事を用意しました。基本的に、インプット(講義)とアウトプット(復習)を繰り返して勉強をしていきます。最初の段階から、完...

≫続きを読む

 

50点満点は絶対に目指さない

50点満点は絶対に目指さない宅建試験の満点は50点ですが、50点を目指す必要は全くないです。宅建試験開始から今までで36点取れれば合格できなかった年はありません。今後37点とか点数が上がる可能性はありますが、一ついえるのはこの先もずっと、満点を狙う必要はないということです。管理人は宅建の指導機関の講...

≫続きを読む

 

正解すべき問題と捨て問題の違い

正解すべき問題と捨て問題の違い宅建で合格するのに、正解しなければいけない問題と、それほど重要ではない問題があることを知ってもらいたいと思います。なぜ、このような話をするのかというと、無駄で余分な行動や思考があれば合格から遠退いてしまうからです。少しでも学習方法を改善することで、確実に合格が近づくと思...

≫続きを読む

 

マーカーを使う際に意識したいこと

マーカーを使う際に意識したいことテキストや問題集でマーカーや書き込みをすることを別の記事でオススメしています。この記事ではマーカーについて触れようと思っています。マーカーですけど、使う色は極力少なめで良いと思います。文房具屋で蛍光マーカーは5色セットとかで販売されていますけど、5色は使いすぎかなと思...

≫続きを読む

 

テキスト、問題集には躊躇なく書き込みをする

テキスト、問題集には躊躇なく書き込みをする綺麗好きな方や女性は、物を出来るだけ汚さないように綺麗に扱う人が多いと思います。宅建の学習や他の試験でもそうですが、テキストや問題集はどんどん書き込みをしていった方がいいです。テキストで学習をしている時に、メモを取るかどうかで迷った場合は、取るを選択して下さ...

≫続きを読む

 

テキスト、問題集は複数買う必要はない

テキスト、問題集は複数買う必要はない学習をしていく上で、複数のテキストや問題集を用意する必要はないです。例えば、権利関係のテキストであれば、一冊で十分です。他の出版社の権利関係のテキストを2冊3冊と買う必要はありません。一つのテキストがあれば、それを何度も読み返して知識の定着を狙った学習をしたほうが...

≫続きを読む

 

外出先での学習方法(問題集、スマホ、ゲーム機)

外出先での学習方法(問題集、スマホ、ゲーム機)電車での移動時間や、外出中にちょっとした時間が空いた場合等、案外学習できる時間はあったりします。この時間を学習に充てることが出来たら、より合格に近づくと思います。外出の際には、一冊で良いので問題集を鞄の中に入れておきたいです。ちょっとした空き時間でも、復...

≫続きを読む

 

時間がなくても勉強をやるべき

時間がなくても勉強をやるべき内容的にちょっと精神論が入ってきますが…。宅建試験のみならず、他の学習でも言えることですが、どんなに時間がなくても短時間でも学習するべきです。人間の行動は習慣化されます。どんなに時間がない時でも、短時間でも学習をする癖をつけるかどうかで大きく変わってきます。時間のない時で...

≫続きを読む

 

模擬試験は受けるべき?

模擬試験は受けるべき?模擬試験は受けた方がいいのかどうかについてですが、これは受けた方が良いと管理人は思っています。理由ですが、現在の自分の力を点数で評価されるのは客観的に見れて良いと思います。模擬試験を受けなければ合格しないわけではありませんが、ある程度自分の今の実力を点数で評価されるのは、実力を...

≫続きを読む

 

眠い場合の対処

眠い場合の対処記事にするのも迷いましたが、かなり当たり前なことを書いてます。当たり前なんですけど、なかなか実行できない部分でもあると思います。眠いとかなり学習効率落ちます。無理やり勉強をしても、それ程学習効率は良くないので、眠い場合は早めに寝て早めに起きて勉強をした方がいいです。眠い状態で2時間無理...

≫続きを読む

 

権利関係は、どの程度まで掘り下げて勉強をするか

権利関係は、どの程度まで掘り下げて勉強をするか権利関係(民法)をどの程度まで掘り下げて勉強するべきか?ですけど、これは過去問の範囲で十分だと思います。本試験で14問出題される分野で合格するのに避けて通れない分野ですが、この権利関係で14点満点は狙わない方がいいです。14問中8問か9問程度で及第点だと...

≫続きを読む

 

独学者に向けたアドバイス

独学者に向けたアドバイス宅建は独学で合格可能な試験だと思います。管理人は独学でイマイチ学習に専念できずに、駄目でスクールの通信講座を利用して合格することができました。合格をして試験内容が独学で合格できるものだったかどうか?と振り返ったら、独学でも合格できるだろうと思っています。資金に余裕があれば、正...

≫続きを読む

 

宅建学習のノートの取り方

宅建学習のノートの取り方宅建試験でノートを取るかどうかですが、これはやらなくてもいいと思っています。ノートを作成するのは結構時間が掛かってしまいます。ノート作成に掛かる時間は馬鹿にできないです。その時間の分、しっかり効率よく学習するのに時間を使った方が数倍合格の可能性が高まると思います。かなり丁寧な...

≫続きを読む

 

宅建の勉強を一番早く始めるタイミング

宅建の勉強を一番早く始めるタイミングできるだけ学習期間に余裕がある時期から学習を開始したい人向けの記事です。結論ですが、学習する教材や講座が出た直後がベストだと思います。宅建試験をやるタイミングに関しての管理人の考えは、スクールを利用するなら宅建講座の申込み開始直後、独学の場合なら次回の試験対策用の...

≫続きを読む

 
Sponsored Link

ホーム RSS購読 サイトマップ