宅建合格ガイド

補足的な記事集

Sponsored Link

合否には影響しない知識

合否には影響しない内容ですが、宅建を受験される方には多少の暇潰しにはなる記事だと思います。
絶対に読んで欲しい記事ではないのですが、興味のある方はご覧下さい。

補足的な記事集記事一覧

勉強は権利関係(民法)からスタートしなくても良い

勉強は権利関係(民法)からスタートしなくても良いこの記事は前振りから始めます。スクールでも市販のテキストでも、最初は権利関係(民法)から始まることが多いです。多いというか、管理人が今まで見てきたところは全て権利関係からスタートしています。権利関係がテキストの1番始めにきている理由ですが、本試験の問1...

≫続きを読む

 

たまには学習環境を変えるのもいい

たまには学習環境を変えるのもいい学習環境によるマンネリ化対策の記事です。自宅で学習をしていて、イマイチ集中できない場合は図書館に行く等して学習環境を変えるのもありだと思います。宅建試験は長丁場になります。どうしても同じ環境だとマンネリ化してきて、学習に集中できないことが出てきてしまいます。無料で済ま...

≫続きを読む

 

マークシート用の鉛筆、シャーペン

マークシート用の鉛筆、シャーペン宅建試験はマーク試験です。解答用紙にマークをして解答する形式の試験になっています。マークシート用の鉛筆やシャーペンがあるのをご存知でしょうか?「マークシート用鉛筆、シャーペン」等でアマゾンや楽天で検索したら出てくると思います。マークシート用の製品を使った人のレビューを...

≫続きを読む

 

管理人の試験会場の体験談

管理人の試験会場の体験談宅建試験の会場の雰囲気ですが、高校受験や大学受験と比較するとやはり独特なところがあります。まず、受験者の年齢がバラバラです。受験者の年齢も少し高めと思います。職業もバラバラです。学生もいれば、サラリーマンや主婦の方もいます。宅建試験は、受験者にあまり共通点がないというのが印象...

≫続きを読む

 

試験会場には、「男性専用」と「女性専用」がある

試験会場には、「男性専用」と「女性専用」がある一部の都道府県の試験会場ですが、男性専用と女性専用の試験会場があります。注意したいのが、全国的にあるのではく一部の地域のみというところです。因みに管理人が受けた地域には、男性専用も女性専用の試験会場もありませんでした。受験者数の多い地域(東京など)に、男...

≫続きを読む

 

宅建試験は合格しても再度受験できる

宅建試験は合格しても再度受験できる宅建試験は合格者も受験することが可能です。スクールの講師の方は何度も受験している人が多いそうです。スクール講師のプロフィールで、〇回合格と紹介されているのはそういう理由からのようです。合格しても受験できることを知らない人だと、講師の方の受験回数を見て、それだけ何度も...

≫続きを読む

 

通信講座の比較(web配信とDVD講座)

通信講座の比較(web配信とDVD講座)スクールの通信講座はウェブ配信とDVDの二種類があります。どちらが良いかは、個人差があって言い切るのは難しいので客観的に両者の違いを紹介します。受講費用についてweb配信とDVDでは、web配信の方が受講費用は少し安いと思います。DVDはスクール側がメディアを...

≫続きを読む

 
Sponsored Link

ホーム RSS購読 サイトマップ