知っていて損はない知識

知っていて損はない知識

Sponsored Link

知っていて損はない知識記事一覧

本試験で難しい問題が出ても動じる必要はない

本試験で難しい問題が出ても動じる必要はない本番の試験で50問の問題を解くわけですが、必ず今までの学習で出てきてないような問題が出てきます。こんな問題に動揺しないでください。あれ?あれだけ勉強したのに、この問題が全然分からない…と動揺する必要はないです。なぜなら、しっかり学習をしてきた貴方が全く理解で...

≫続きを読む

 

宅建試験の合格点について

宅建試験の合格点について宅建試験の合格点は毎年変動します。試験の難易度によって、合格点が変わると思ってもらっていいです。例えば、問題が全体的に難しい場合は合格点が低くなります。2013年試験が33点が合格点でした。これは低めの合格点なので2013年は難しい傾向にあったと言えそうです。因みに、管理人が...

≫続きを読む

 

試験会場について

試験会場について住所地で試験会場が決まります。東京都民であれば東京都の試験会場で受けることになります。東京都民が、大阪府で試験を受けるということは不可ということです。当然、東京都と神奈川県、大阪府と兵庫県のように隣接していても住所地の試験会場でなければ受けることは出来ません。他の試験はこのような制約...

≫続きを読む

 

試験会場によって違う机の大きさ

試験会場によって違う机の大きさかなり細かすぎる話なので、訪問者の方には「どうでもええわ」と言われるかもしれません(笑)高校が試験会場の場合がありますが、高校はあまりよくないかもしれません。普段高校生が使っている机で試験問題を解くわけなんですけど、高校の机は、割と小さいです。問題用紙と解答用紙、腕時計...

≫続きを読む

 

希望の試験会場で受ける為にも早めの申込みを

希望の試験会場で受ける為にも早めの申込みを試験の申込みは早い方が良いです。理由ですが、試験会場が先着順なので希望の試験会場に希望者が多い場合に遅く申込みをしたら、希望の試験会場で受験できない可能性が出てきます。面積の大きい都道府県で受験をする場合は、複数の試験会場が用意されていることが多いです。申込...

≫続きを読む

 

宅建試験の合格率について

宅建試験の合格率について毎年合格率は変わりますが、近年の宅建試験の合格率は15%〜17%くらいです。100人が受験すると、成績が良い上位15人から17人程度が合格するようなイメージで良いと思います。このように客観的に見ると若干、宅建試験に合格をするのは難しいようにも思えますが、実際はそこまで難しく考...

≫続きを読む

 

携帯ゲーム機のソフトやスマホのアプリを使った感想

携帯ゲーム機のソフトやスマホのアプリを使った感想このテーマについては、個人差があると思うので、あくまでこのサイトの管理人の意見としてだけ聞いてもらえればと思います。管理人は、スマホのアプリは使ったことはないですけど、携帯ゲーム機の学習ソフトは購入したことがあります。管理人の感想としては、正直やりにく...

≫続きを読む

 
Sponsored Link

ホーム RSS購読 サイトマップ