合格テクニック

本試験で使えるテクニック

Sponsored Link

本試験で使えるテクニック

このカテゴリーでは、宅建の本試験で使えるテクニックを紹介しています。
かなり初歩的なテクニックも混じっているのですが、是非参考にしていただけたら、と思っています。
1点の差で合格不合格が分かれてしまうような状況で、僅かなところで合格を取り逃さないようにしたいところです。

本試験で使えるテクニック記事一覧

本試験で問題を解く順番

本試験で問題を解く順番管理人のオススメですが、まずはコチラの記事を参考にして頂いて、1点取ったところからスタートしてほしいと思います。上のリンク先の記事では1点を試験開始直後に取りましょう、というテクニックなのですが、この記事はそれから先の問題を解く順番ということになります。宅建業法をオススメします...

≫続きを読む

 

宅建本試験で正誤のケアレスミスをなくす

正と誤のケアレスミスをなくす簡単なテクニックを紹介しようと思うのですが、効果的だと思うので是非読んでもらいたいと思いました。どんなテクニックかというと、問題は必ず「正か誤」のどちらかを問います。その「正か誤」で勘違いをしないようにしたいです。「誤」を選ぶ問題で勘違いをして正しい選択肢を選んでしまうミ...

≫続きを読む

 

本試験の解答時間短縮テクニック

本試験の解答時間短縮テクニック几帳面な性格の人に読んでもらいたい記事です。例えば、正しい選択肢はどれか?という問題が出題されたとします。最初のアの選択肢が明らかに正しい選択肢であれば、その問題の答えとなります。この場合だったら、アをマークして次の問題に行きましょう。気をつけたいのは、次の選択肢を見る...

≫続きを読む

 

問題用紙に解答用紙にマークしたのと同じ選択肢にマークをしておく

問題用紙に解答用紙にマークしたのと同じ選択肢にマークをしておく実際に大半の人がやっていることだと思うので、それ程重要な部分ではないと思うのですが、一応記事にしておきます。タイトルのまんまで、問題用紙に解答用紙にマークした選択肢のマークをしておくということです。これは重要なことです。試験時間が余れば、...

≫続きを読む

 

分からない問題の対処法

分からない問題の対処法試験時間は2時間で50問を解かなくてはなりません。1問に3分も時間をかけると試験時間が足りない計算になります。極端な例えですが、分からない問題は1時間かけても考えても分からないままです。分からない問題が出たら、ドンドン飛ばして次の問題に行くと良いです。問題を飛ばすのに躊躇する必...

≫続きを読む

 

試験開始直後にまずは1点を取りに行く

試験開始直後にまずは1点を取りに行く具体的に宅建試験対策で参考にしてもらいたいことをお伝えします。数字と前年比の増減さえ覚えていれば、確実に1点取れる問題を解いて宅建試験をスタートするというテクニックです。まず、オススメしているのは、試験開始直後に「不動産の需給・統計」を解くことです。5問免除問題の...

≫続きを読む

 

不動産の需給・統計(例年問48)対策

不動産の需給・統計(例年問48)対策この記事ですが、宅建受験者には重要な記事だと思います。1点入るかどうかの対策についての記事になります。5問免除問題にある「不動産の需給・統計」対策です。ここの問題は、毎年覚える部分が違うので毎年毎年で対策しなければいけません。問題内容がタイムリーな性質なので、過去...

≫続きを読む

 
Sponsored Link

ホーム RSS購読 サイトマップ