宅建合格ガイド

試験範囲の解説

Sponsored Link

試験範囲の解説

宅建試験の試験範囲を解説します。

  • どのような問題が出題されるのか?
  • この分野の配点は?
  • この分野で何点取るのが目標なのか?
  • どの程度重要な分野なのか?

この辺りのことに触れています。
宅建を受験しようか考えている方、宅建の学習を始めて間がない方向けの記事になっています。

試験範囲の解説記事一覧

宅建試験出題分野【権利関係(民法)】

宅建試験出題分野【権利関係(民法)】宅建試験の民法の範囲は権利関係と言われています。権利関係といっても実質民法なのです。実質民法なので権利関係というと混乱するように思うので、この記事の中では民法とします。民法と書かれていても、宅建の権利関係のことを指していると思っていただいてもいいです。宅建の民法で...

≫続きを読む

 

宅建試験出題分野【宅建業法】

宅建試験出題分野【宅建業法】宅建業法は、読んで字の如くですね。宅建業に関する法律です。2009年以降は毎年20問出題されています。宅建試験は50問出題されるので、半分近くが出題されるもっとも出題数の多い分野と言えます。実際は宅建試験での貴重な得点源です。民法と違って比較的出題範囲が絞られているので、...

≫続きを読む

 

宅建試験出題分野【法令上の制限】

宅建試験出題分野【法令上の制限】都市計画法や建築基準法等が出題されます。8問出題される分野です。専門性が高い知識が問われるので、知識がしっかりないと得点することは難しいです。「都市計画法の問題」どこどこでは、高い建物を立ててはいけない、許可を受けなければならない等についての問題です。この辺は、指導機...

≫続きを読む

 

宅建試験出題分野【その他】

宅建試験出題分野【その他】出段範囲が細かいところですが、大きく分けると今まで紹介した「権利関係(民法)」、「宅建業法」、「法令上の制限」の3分野以外の部分となります。一つ一つの分野の出題問題数が少ない部分です。この分野では税に関する問題が出たりします。。税に関しては、結構ややこしいです。この条件では...

≫続きを読む

 

宅建出題分野【5問免除問題】

宅建出題分野【5問免除問題】最後に5問免除問題があります。50問出題されるうち、45問から50問までの5問がこの5問免除問題です。特定の受験者は、この5問は受けなくても正解扱いになります。5問というと全体が50問出題なので1割の問題が最初から正解扱いなので、大きなアドバンテージです。5問免除される条...

≫続きを読む

 
Sponsored Link

ホーム RSS購読 サイトマップ